2014年12月3日水曜日

私が見た福島のこと(2014年12月3日/1)

友人に誘ってもらい福島第一原発20Km圏内ツアーに参加した。











































案内をしてくれた三浦さんは小高で農業を営んでいた。
新地町に引っ越し、前の暮らしから半分の規模で農業をやっている。
浪江に入れるようになってから、ホームページでツアーのことを掲載している。

三浦さんがこのツアーを
現場を見てほしい。見て伝えてほしい。
どういう影響を及ぼしたか、知ってほしい。
という気持ちから始めたそうだ。


車の中で農業と放射線、賠償のことを中心に
三浦さんの家や町の様子、今を聞く。



ーーー被爆の賠償はね
労働者は厚生労働省の管轄だが農家は労働者と見なされず、
農林水産省に交渉するしかない。
制度を変えていかないと復興できない。
できないことをできるようにしなければ、他の人に摘要できない。

家がある人は家の賠償がでる。津波で流された家には出ない。
距離によって賠償が違う。同じ市内でも格差がある。
仮設住宅ではコミュニティがバラバラになって住んでいる。
もらえる人ともらえない人が隣同士に住んでいる。

作れない農地は荒地化し、つくらないことで賠償をもらうが
農家に復帰できる条件がない。今までやっていた人は戻れない。

あそこに見えるプレハブは除染作業員の宿舎です。

小高には平成28年から戻って良いと言われている
高校は28年まで仮設校舎

飯館に7000人、小高に3000人、浪江に3000人くらい、除染作業員は。
南相馬は除染の町だ。

20km圏内は今年、日中は通れるようになった。
宿泊はできない。住んではいけない。
15時半に放送が入って16時に出なくてはならない。
17時に作業員が帰る。
そのあと、町にいのししが出てくる。

小高は昔からずっと住んでいた場所。
ここはまだ波がいったままの状態。
松林とか、すっかりなくなって海が見える

津波と原発事故は別のもの。
失ったものに放射能の被害はない。

小高は一年四ヶ月海の底だった。
道路にフジツボがついているでしょう。

浪江は置き去りの町。ゴーストタウンだ。
ーーーー



目の前に福島第一原発が見える。
双葉町に入り口に女性の警備員がにこやかに立っている。
双葉町には入れない。
入り口前でターンする。

三浦さんは
私たちはここにいるのでここでの話、一般の話しかできません。と言う。
交渉や政治の話をするとき、少し熱がこもる。



ーーーー
国家公務員は福島のような危険なところには行けないと言われた。
私たちは同じ人間だと思われていない。
福島県はふく「しま」という島だ。
この状態で普通置かれないでしょう。

帰りたいと帰れないは違う。
帰りたいというのは夢の世界。
昔に帰りたいというのと同じ。
コミュニティがあって、人がいる。
若い人は帰らない。
今はまわりに誰もいなくて気持ち悪がっている。

環境省による農地除染は復旧ではない。
その段階では農業できない。
飯館は砂を撒いただけ。農作物ができない。
農地復旧は農水省の仕事だと言われる。

植物はちゃんと管理をすれば吸わない。
私たちは全袋検査をしている。面でとれるデータです。
測ること、スーパーでも直売でもどこでも測れる仕組みをつくる。
福島の信頼を高めるには全部測っていくことなんです。

政治家は使うものです。使っていかないとだめになる。
言っていかないといけない。

20km圏内がどれだけ広いのか。
何が行かれているのか。
どんなことが起きているのか。
走って歩いてみないとわからない。
ーーーーー

行きは海側を走り、帰りは内陸のほうをまわった。
20km圏内を出るとき、
三浦さんは「ここから人間界です」と言った。




→福島第一原発20Km圏内ツアー
NPO法人野馬土プロジェクト

2014年10月15日水曜日

10月の風景

東松島市/削られた砂浜・南浜/まだ残る家・下前(10/3)





























>




鳴瀬川河川工事/野蒜駅前/JR代行バス車内より(10/12)
























東松島市/北浦・曲がったままの標識

2014年9月23日火曜日

母の母が生まれた場所
























母の母が生まれた場所・旧河北町針岡
秋分の日、お彼岸の墓参り。
足がない祖母を連れて、旧河南町から石巻の墓、
祖母の家族が眠っている墓とまわる。
北上川も富士沼も地盤が低くなったせいもあるのか
水量が増えたように見える。
祖母の家族が眠っているお墓がある松山寺では
和尚さんはいなくなって地域の人が管理をしている。

2014年7月11日金曜日

7月の風景

県道247号線、東松島市土手下/石巻市門脇新館/国道45号線(7/8)





























東松島市の復興住宅工事(7/10)

























東矢本駅/目の前で復興住宅工事をしている。(7/11)

2014年5月10日土曜日

5月の風景


























東松島/松島基地/南浜